「アメリカ文学の魅力(前編)」


61ezIsfHmKL


107:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 16:02:09.92
アメリカ文学ってなんでこうも浅いんだろう
ドイツとか見習えよ
フランスはエロ担当な

108:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 16:05:33.85
フォークナーに匹敵する作家がドイツにいるかな?

109:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 16:07:42.20
しらんけど
おれの読書欲を掻き立てられる作品がアメリカにはない

110:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 16:10:23.39
読まねえで読書欲もクソもあるかw

111:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 16:14:49.57
アメリカ文学に対する読書欲がわかないから
アメリカ文学は俺にとって浅いと言ってるだけだけど
なにがそんなカチンと来たの?

115:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 16:59:11.36
>>111
俺は思うのだけれど、と強調しないからでしょ
「他の人の意見は別にしてあいつは人間のクズだと俺は思う!」と
「あいつはクズ」では受け取り方は違う
お前は喧嘩を売ったんだから殴り返されるのを覚悟しないと

121:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 17:23:27.16
>>111
アメリカは国としての歴史が短い=浅いってのはあるかもね
でも、ヘミングウェイ、フォークナー、マーク・トゥウェイン、
サリンジャー、オースターとか好きだし面白いよ

116:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 17:04:35.59
いくら読み進んでも作中の人物の名前が
誰が誰だか区別できないので子供の頃の
児童文学本以外ではほとんど読んだことがない
これじゃあいかん、それにどうせなら
原文で、とこの前ブラッドベリのFahrenheit 451に挑戦
もちろん途中で挫折した

117:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 17:05:46.36
火星年代記のほうが良くね

Google AdSense

?



119:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 17:20:58.46
ヘミングウェイといえば「移動祝祭日」っていう手記みたいな本がおもしろい
パリでの作家見習い時代の話だけど、
フィッツジェラルド、エズラ・パウンド、
ガートルード・スタイン、ドス=パソスとかが出てくる
映画のミッドナイトインパリを思い出す

120:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 17:21:38.93
>>119
ホンモノの失われた世代やね

122:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 17:25:21.65
>>120
まさにロスト・ジェネレーションをそのまま書いたような本なんだとおもう

123:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 17:29:45.00
ヘミングウェイとブコウスキーが好きだな

124:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 17:31:51.48
アメリカ文学の二大潮流はロスジェネとビートニクやね
ジャックケルアック、アレンギンズバーグ、ウイリアムバロウズか
ヒッピーの祖であった

126:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 17:38:21.93
トニ・モリソンはハヤカワ書房が日本語版を売ってるおかげで損してる

128:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 17:48:54.08
>>126
epi文庫はトニ・モリスンとカズオ・イシグロ以外びみょうだからなあ
分冊にしたら絶対一巻しか売れない『充たされざる者』を
意地で一冊にしてたのはちょっとおもしろかった

127:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 17:48:03.16
レイブラッドベリ
kディック
DJサリンジャー
この作家の背表紙を見るだけで
80年代の中野の図書館を思い出す。
よく借りて読んでたな。

134:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 18:35:24.23
>>127
ブラッドベリはもっと評価されるべきだよなぁ。

129:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 17:49:39.69
スローターハウス5が何気にアメリカ文学の傑作だと思う

132:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 18:15:03.29
>>129
何気に、って、昔から「アメリカ文学の傑作」扱い
だった記憶しかないが、今は違うのか?

138:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 18:51:36.20
>>129
いつの頃からか邦題、変わったね
以前の屠殺場5号のほうが好き
(ATOKじゃ屠殺が変換できない、軽くショック)
というか当時はスローターハウスなんて言葉、知らんかった

131:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 18:01:21.15
老人と海が全然わからんかったので
アメリカ文学、と言われてもぼんやりとしかイメージできない

135:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 18:43:40.04
>>131
老人と海はおれもあんまり面白いと思わなかった
日はまた昇るとか武器よさらば、誰がために鐘は鳴るの方が
分かりやすくて面白いとおもう
長いけどがんばって読んで

海流のなかの島々が一番好きだけど
キューバでしばらく暮らしたくなる
父親と息子のせつない話

Google AdSense

?



136:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 18:45:56.97
ピーター・キャメロン好きだった
山際淳司の訳は全部読んだはず
最終目的地は訳者が違うからいまいち気が向かず未読
たぶん山際淳司の翻訳が好きなだけな気がしてる

137:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 18:46:07.00
ディックはSFだけど文学的だったりするね
電気羊はアンドロイドの夢を見るかは
映画のブレードランナーと違いすぎてびびったし、哲学的でさえあった

140:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 18:59:04.99
まさかここでコーマックマッカーシーの名前を見るとは…

141:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 19:07:28.00
コーマック・マッカーシーはノーカントリーの原作「血と暴力の国 」と
映画「悪の法則」の脚本がいい

253:まとまる名無しさん 2017/07/03(月) 00:33:14.40
>>141
コーマック・マッカーシーはジジイのくせに描写がエグすぎる
悪の法則の処刑道具とか
ザ・ロードなんてケンシロウのいない北斗の拳だし

142:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 19:09:24.42
エルロイの原文に挑んだが、まるで歯が立たなかった。

143:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 19:36:24.06
エルロイ、LA四部作読んだが良くわからんかった
原文で読んだら違うんだろうけど、読もうと思うほど英語力ないし…
解説読んだらすげえ良く出来てるのは分かるし、
十分面白かったけどあんな大騒ぎするようなものだとは思えず

144:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 19:40:07.57
アブロサム、アブロサム!
っていう謎タイトルの小説が
図書館にあったな
読んでないが

148:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 20:19:34.72
>>144
アブサロムな
フォークナーはすげえよ なんていうか、1文すらうかうか読めない深さがある

151:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 20:39:55.12
>>144
ダビデの息子がアブサロム
なんか聖書から引用している
あれはアメリカ文学の最高峰やぞ

146:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 20:00:13.41
白鯨上巻の半分まで読んでとばしたわ

149:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 20:26:27.26
>>146
なんとか最後まで読んだが、白鯨はキツかった思い出しかない

147:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 20:09:19.88
素晴らしきアメリカ野球が気になる 中学の図書館にあった本
特別野球ファンではないけど

150:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 20:28:20.07
重力の虹てタイトルがカッコよすぎる

152:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 20:56:32.62
SFやホラー、サスペンスは安定の面白さだけど、
アメリカ「文学」っていうとヘミングウェイや
フィッツジェラルド、サリンジャーあたりの化石から
一気にビートに飛んじゃう。
ケルアックとか時代背景と一緒に読み解くとちょっと面白い。

156:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 21:30:15.04
>>152
オースターがいただろ
ミニマリズム

157:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 02:52:39.77
>>156
文学でのミニマリズムってよくわからないけどオースターはちがうのでは?
ググってみるとレイモンドカーヴァーはミニマリズムっていう意見があったけど

153:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 21:02:38.67
スタインベックの「チャーリーとの旅」が抜群に読みやすい
愛犬と一緒にキャンピングカーでアメリカ一周する話

さっき道を尋ねてきた男が白人だったか黒人だったか
思い出せなくなったときにはじめて、人種差別がなくなったといえる、だったかな

154:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 21:18:55.75
カポーティ

155:まとまる名無しさん 2017/06/30(金) 21:20:19.13
テーマは喪失

159:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 02:58:58.87
反アメリカ的思想(強烈な思想というより後ろめたさ)ないしは
欧州コンプがある文学者以外だいたい偽物
ハッキリわかんだね

160:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 03:01:55.61
おやおや『草の葉』を全否定かwww

161:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 03:03:05.76
直木賞とかよりはね()

162:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 03:07:31.22
どこらへんの話だよ
メルヴィルとバーセルミとピンチョンでも全然違うし

163:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 03:08:43.27
造語多いよね
アメリカ文学内の造語から生まれた実際の名称って多いし
heavy metalはビートニク文学の中のドラッグの名称だったり

167:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 04:36:17.65
そりゃライ麦畑でキャッチボールとかしてたら捕まるわな・・・

168:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 04:45:10.88
>>167
ライ麦のタイトルが変なのはわりと知られているけど
「ライ麦畑で誰かが誰かを捕まえたら
(If a body catch a body coming through the rye.)」
っていう歌詞から来たのが原題のThe Catcher in the Ryeだね
「ライ麦畑の捕まえ手(捕手、捕まえる人)」とかが本来の意味的には近い
訳の野崎孝が付けたのかわからないけど誤訳だけど
日本人にとっては名訳という変な状態に

178:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 08:26:51.82
>>168
クソッタレ!が
おまんこしようになってるのは酷いわ

183:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 11:45:58.30
>>178
何それマジかよ

169:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 05:24:08.69
ホールデンは危ないとこに行かないように捕まえてやりたいって思ってるのね。
自分は捕まえて貰えなかったのに。
優しい子だよ。

170:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 06:03:22.89
スティーヴ・エリクソンって人のゼロヴィルは
なんか映画の話でちょっと面白そうだなと去年思った
結局読まなかったけど

171:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 06:30:23.02
マーク・トウェインはノーベル賞貰ってる?w

Google AdSense

?



172:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 07:14:12.16
ビートとポーくらいかなまともに読んだことがあるのは
ポーが純粋にアメリカ文学かと言われれば微妙だけど

173:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 08:04:46.67
ケルアックの路上は何回も読んだなあ(^_^)
ブコウスキーに一時期はまった。
自分の中ではアメリカだとビートジェネレーションってイメージ(^_^;)

176:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 08:14:09.00
最近の有能なハゲはジェフリーディヴァー
有能なデブはロバートBパーカー 死んだけど

180:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 08:50:18.08
二十日鼠と人間の訳が変わってショックだった

181:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 10:40:06.83
ピンチョン全部買って積んである
スローラーナーだけ読んだらわけわからなかった

184:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 11:58:20.59
>>181
競売ナンバーが一番読みやすいと思う
薄い割に読んだ感もしっかりあるし
一つの作品としても十分オススメできる優れもの

182:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 10:43:58.59
重力の虹の英語版持ってるけど読んでないわw

185:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 12:04:24.74
ジョセフ・ウォンボー、ハーラン・エリスンはペーパーバックでかなり読んだ
文学系だとノーマン・メイラーかな
ニュージャーナリズム以降はノンフィクション多く読み漁った
翻訳はまず読まない
売れないせいもあるのか質が悪い

189:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 12:17:51.43
白鯨は基本、翻訳題名を白鯨にした日本人のセンスも凄いけどね

190:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 12:32:32.45
『ライ麦畑でつかまえて』の「つかまえて」は、
「掴まえてください」(catch me!)と「掴まえ手」(catcher)がかかっているんだぞ

191:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 12:42:15.02
ライ麦畑で捕まえては正直読み終わって題名に疑問を感じた
題名単独としては魅力的な命名なんだが内容の改変と言っても良いくらいで
あれは正確には「ライ麦畑の捕まえ役」で、内容そのものの表現なんだよね
「進撃の巨人」を「巨人の攻撃」にしてしまったくらいの改変だわ

193:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 12:54:41.91
老人と海のなんちゃらは違うのか?(素人の思いつき)

194:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 15:59:24.99
「女運のいいギャンブラーはいない。仕事に集中しすぎるから。
夜に働くし。
女といなくちゃいけないときに夜に働く男で、
まともな女を持ちつづけられる奴はいない」(柴田元幸による訳)
っていうのはヘミングウェイが書いたセリフ

196:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 19:12:59.33
バーセルミとかいいよね

197:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 19:13:55.07
マニアックでついてゆけん

198:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 20:44:17.70
ジャック・ロンドンのわかりやすさ

199:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 21:03:27.15
ラヴクラフト
アーウィン・ショー「夏服を着た女たち」
フレドリック・ウィリアム・ブラウン

200:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 21:52:11.16
卒論でソローのウォールデンをテーマにしたな。懐かしい。

201:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 22:12:33.21
リチャードブローディガン?
そんな人

204:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 23:03:53.10
月は無慈悲な夜の女王が好き。

206:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 23:10:53.27
ホイットマンとかアシモフとかチャンドラーとか好き
いわゆる文学ではないのかもだけど
ジェフリー・アーチャーとかハインラインとかも狂ったように読んだな

209:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 23:33:24.57
ヘミングウェイの良さがわからん
オカマ野郎のなんとか→あいつは母親の葬儀もしないオカマ野郎!
嵐のあとで→沈没船から金品略奪しようとしたら段取り悪くて失敗したでござる
世界の首都→闘牛士ごっこやろうずwwなんだお前チキンかよwやっべ殺しちゃった

224:まとまる名無しさん 2017/07/02(日) 02:42:10.18
>>209
嵐のあとで、とかはヘミングウェイの短編か
短編も大体読んだけど全然覚えてなくてなんのことかとおもった
まぁ、あらすじだけ書いたらけっこうしょうもないのが多そうだなw

226:まとまる名無しさん 2017/07/02(日) 06:04:50.14
>>224
ミステリだけど、エラリークイーン・御手洗潔・金田一少年などいろいろ
「首無し死体は身代わりの術」で終了

Google AdSense

?



211:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 23:37:51.11
キャッチ22こそ至高のアメリカ文学。
ハヤカワは早く続編出せ

213:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 23:43:14.95
怒りの葡萄と冷血

217:まとまる名無しさん 2017/07/01(土) 23:51:40.78
トルストイといえば学生時代の先生が
「クロイツェル・ソナタは男は未婚、できれば10代の頃読むべき」
と言ってたが
女憎んでる思春期の陰キャガキがあんなもん読んだら
余計こじらせそうで怖いわw

227:まとまる名無しさん 2017/07/02(日) 07:34:21.86
ブラッドベリはいつか読みたい

228:まとまる名無しさん 2017/07/02(日) 08:55:08.90
アメリカ文学特有といえばチャンドラーとかのハードボイルド物だな
アメリカンタフネスの男たちは魅力的
文学に限らずアメリカの文化って底流には
キリスト教ピューリタンの精神が流れてるのを 忘れてはならない、
一見別物に見えるハードボイルドのタフネス達も
自己のルールに厳格に他者に屈しない姿勢は
ピューリタンの理想に通じるものがある

229:まとまる名無しさん 2017/07/02(日) 11:14:54.74
ヘミングウェイ~ハメットは文学
ロスマクはまぁ文学
チャンドラーは

230:まとまる名無しさん 2017/07/02(日) 11:15:48.00
そんな区別って大事なの?

231:まとまる名無しさん 2017/07/02(日) 11:19:56.28
日本はジャンル分けしすぎ
って良く聞くけど、本にしろCDにしろ店頭販売が
昔から発達しちゃってたから仕方ないよね

232:まとまる名無しさん 2017/07/02(日) 11:21:43.18
アメリカ文学の功績は
テケリー
と言う恐怖の言葉を生み出したこと

238:まとまる名無しさん 2017/07/02(日) 12:04:44.67
ウィリアム・ギブスンを復刊してもらいたい

239:まとまる名無しさん 2017/07/02(日) 12:31:00.48
ケイブマン
洞窟に住むホームレスが殺人事件を推理する
意外とアメリカ的にシリアスな小説
X光線にゾクゾクする
私的にはとても良いに入った

240:まとまる名無しさん 2017/07/02(日) 12:55:41.23
そういや、ナボコフって普通アメリカ文学にカウントするの?

241:まとまる名無しさん 2017/07/02(日) 13:00:55.91
カウント?

245:まとまる名無しさん 2017/07/02(日) 13:16:53.89
>>241
ロリータとか青白い炎とか読んでる人それなりに多いだろうに
この手のスレでナボコフの名前ってあんま見ないじゃん
なんでかなー、と

243:まとまる名無しさん 2017/07/02(日) 13:03:47.85
有名な高い城の男読んで見たけど何が面白いのかわからなすぎた
どこに面白さを見いだせば良いのか

249:まとまる名無しさん 2017/07/02(日) 13:55:12.64
ディックとヴォネガットはだいたい読んだがだいたい忘れた

引用元スレッド:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1498783043